仕事から熱への変化が不可逆である、という自然現象を法則

熱力学第 2 法則

熱力学第 2 法則は、仕事から熱への変化が不可逆である、という自然現象を法則として述べたものである。熱力学第 2 法則は次のような形で述べられる。

トムソンの原理 一つの熱源から熱を奪い、何の影響も残らず、これをすべて仕事に変えられることはできない。
クラウジウスの原理 同時にある量の仕事を熱に変えることなしに、低温熱源から高温熱源へ熱を移すことはできない。
第 2 種永久機関不可能の原理 一つの熱源のみから熱を得て仕事をするだけで、それ以外に何の動作も行われずに周期的に働く関数を作ることは不可能である。