内部エネルギーのうち仕事として取り出せないエネルギー

束縛エネルギー

ヘルムホルツエネルギーの定義式 A = U - TS を書きなおすと、

\[ U=A+TS \]

となる。つまり、この式は定温条件において内部エネルギーは仕事として取り出せるエネルギー A と、仕事として取り出せないエネルギー TS とに分けることができる。自由エネルギー A に対して、TS を束縛エネルギーという。

また、ギブズエネルギーの定義式に対しても同じように書き直すと、

\[ U=G-PV+TS \]

のようになる。定温定圧では内部エネルギー U は自由エネルギー G、体積変化に伴う仕事 PV と束縛エネルギーに分けることができる。